生前整理とは具体的に何をすること?

遺品整理の情報サプリ

遺品整理の画像
生前整理をする人が増えてきています。元気なうちに遺品整理などをしておくことです。遺族が困らないためにもしておくことをおすすめします。
生前整理とは具体的に何をすること?

最近は、生前整理といって自分が亡くなった後、遺族が困らないように遺品整理をしたり相続問題をきちんと整理しておく人が増えています。

具体的にはどのような作業を行うのでしょうか。

◎生前整理の内容とは

どんなことをするのかですが、それぞれの置かれている状況が違いますのでこうしなければならないという決まりはありません。

だいたいですが、遺言書の作成、財産目録の作成、遺品整理、家関連の整理が挙げられます。

◎パソコン、スマホの遺品整理

パソコンやスマホを使っている人は多いですが、使っている人が亡くなれば、これらも遺品となります。

最近問題になっているのが、パスワードがわからないため開くことができず、ネット銀行などにある財産がわからないというものです。

パソコンやスマホ内のデータについても、残しておくデータ、破棄して良いデータに分け、処分すべきデータは削除しておくと良いでしょう。

デジタルデータを管理する「終活」サービスを提供するところも出てきています。

◎元気なうちにやっておく方が良い

相続のことや遺品整理のことは元気でしっかりしているうちにやっておくと間違いがありません。

病気をして体調が悪い時にあれこれ考えるのは難しいですし、自分で動くのも難しいものです。

まだまだ元気なのに死んだ時のことを考えるなんて、と思うかもしれませんが、「何も残していないのでどうしたらいいかわからない」と困っている遺族の方の話をよく聞きます。

遺族が困らないように、生前整理をしておくのも大事なことです。

参考サイト見つけました。

http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20170102/zuuonline_134608.html